たくさんのキウイフルーツを収穫しました

以前、キウイフルーツの受粉作業を手伝った縁で、果樹園の中の一本のキウイフルーツの木から好きなだけ切って持っていっていいと言われました。
収穫専用のかごと剪定ばさみをお借りして、いざキウイフルーツの木のもとに行ってみると、一本の木に、もう数えきれないほどのキウイフルーツが鈴なりに実っていました。
木の高さはそんなに高くなく、身長の低い私でも難なく手が届きました。キウイフルーツを収穫する際は、短い枝ごと切る、と教わり、早速小枝を切りました。ずっしり重いキウイフルーツが取れました。
のんびりしていると収穫が終わらないくらいたくさんあったので、てきぱきと切っていきました。かごに一杯キウイフルーツが入り、その重みで肩や腰が痛くなるほどです。あまり取りすぎても食べられないので、そこらへんで終了しました。
収穫後は、キウイフルーツと一緒に切った枝をキウイフルーツから手で折り取って、ゴム手袋をした手でキウイフルーツをこすり、産毛を落とす作業をしました。果樹園の管理者によると、こうするとキウイフルーツが熟していくそうです。キウイフルーツは木の上では熟さず、また、収穫してそのまま放置しても熟さないそうです。結構手間のかかる果物だなあと思いました。普通はビニール袋に、リンゴと一緒に入れて保管して追熟させるそうですが、本格的に農業用のエチレン剤をもらって袋に入れました。
大量のキウイフルーツを持ち帰って体が疲れました。息子に見つかると、すぐに食べたいとわめかれるので、戸棚の上に置いて隠しておきました。二週間すれば食べられるそうなので、二週間後が楽しみです。乳首の黒ずみ